お知らせ・ブログ

益城の家_床の間周りの造作

2018/04/24

和室の床の間

客間として和室があるので、床の間もしっかり準備してあります。

 


左手に仏壇が入り、右手が床の間になります。落とし掛けのある床の間ですが、小さな小窓を設けてモダンに仕上げています。

 


彫りの深い天井周り、陰影ができて高級感が演出されています。

 


やっぱり床は養生されています、現段階では見ることができませんから、完成を待つとしましょう。

 


本日はシステムキッチンも搬入されていました。いよいよ完成が見えてきました、これから現場はスピードアップしていきます。

 

大工さんの工事もほぼ完了、今回もオリジナルの造作家具がありますので、それらの加工組み立てに移っていかれます。内装ではクロス工事も入ってきますね。いよいよ完成が待ち遠しくなってきました。

 

なんでも結構です!ご質問などございましたら、ご遠慮なくこちらからお問合わせください。心をこめてお応えさせていただきます^v^。

”最後まで読んでいただいてありがとうございます。ついでにfacebookのいいねや、twitterでシェアいただけると僕は大変喜こびますので、あとひと押し、何卒よろしくお願いいたします。”

 

 

益城の家_階段ができました。

2018/04/17

いよいよできました

先日、階段材が現場に届いたのち、早速階段が掛かったとの報告あり。いつもこの階段に会う時はワクワクします。

 


いつもの外観アングル、サイディングもほぼ張り上がっています。奥に見えるクレーンはお隣で進んでいる住宅現場です。雨なのに上棟作業されていました、安全作業を願います。

 


でました螺旋階段、リズミカルな踏み板が綺麗です。手摺が回るとさらに美しく上り下りしやすくなります。

 


このアングル、なかなか普段写真撮れないのですが、今回は配置的に撮ることができました。どういう組み立てになっているかは、じっくり見てもらえばわかると思います。養生板が踏み板に乗せてありますが、黒の鉄板と踏み板の関係はわかるでしょう。

 



動画撮ってみました、螺旋に降りていく雰囲気わかりますか。

高齢のクライアントも早速使われたそうです。楽に上り下りできてよかったとのこと、ホッとしました。住宅ではあまりみない階段で、設計の段階で十分説明はしていたのですが、やはり使ってみないとわからないですからね。パーツを削ぎ落とした軽快で美しい木造螺旋階段、もうちょっとパーツを整理しプレカットで作れるように工夫してみます。

 

なんでも結構です!ご質問などございましたら、ご遠慮なくこちらからお問合わせください。心をこめてお応えさせていただきます^v^。

”最後まで読んでいただいてありがとうございます。ついでにfacebookのいいねや、twitterでシェアいただけると僕は大変喜こびますので、あとひと押し、何卒よろしくお願いいたします。”

 

 

施工事例NEW

2018/04/11


熊本市_広告代理店社屋更新しました。こちらからご覧くださいませ。

 

なんでも結構です!ご質問などございましたら、ご遠慮なくこちらからお問合わせください。心をこめてお応えさせていただきます^v^。

 

”最後まで読んでいただいてありがとうございます。ついでにfacebookのいいねや、twitterでシェアいただけると僕は大変喜こびますので、あとひと押し、何卒よろしくお願いいたします。”

 

益城の家_階段材が届きました。

2018/04/10

階段の素材が届いたよ

現場も終盤戦、内装下地大工工事が随分進んでいます。階段材も届いたよとのことでしたので、早速現場に確認に行きました。

 


なるほど、壁・天井の石膏ボード張りはほぼ完了しています。写真は客間になる和室と奥が広縁になります。広縁は天井低め(2m)で作っているので、落ち着いた雰囲気に仕上がっています。

 


2階の個室もご覧の通り、テラス側と南に面した窓から暖かな日差しが差し込んでいました。

 


同じアングルですが、山の稜線が映るように露出を調整。肉眼ではこんな稜線が見えて気持ちいい窓になっています。

 


ここはどこ?階段をつける前の階段室を2階から撮っています。真ん中の柱と四方の壁に階段材を取り付けていきます。

 


こちらが今回の階段材、いつも通り綺麗で優しい踏み板になっています。

 


こちらはその踏み板を受ける鉄板です。寸分狂わなない鉄板加工の職人さんのおかげで、アクロバチックな木製螺旋階段は生まれます。漆黒の焼き付け塗装もいい感じです。

 


仕上がってしまえば気付かないところ。僕はちゃんと知ってます、大工さんの思いを。全てメーカー製品のこの枠材たち、こんな納まり想定なんてしてないはずです。こんなことができる大工さんやっぱり尊敬します。

いよいよ階段掛けも始まるようです。ご高齢だったクライアント、これでやっと2階へも上がっていただけます。山の稜線は以前のままでしょうか、地震前のいい思い出を見ていただければ幸いです。

 

なんでも結構です!ご質問などございましたら、ご遠慮なくこちらからお問合わせください。心をこめてお応えさせていただきます^v^。

”最後まで読んでいただいてありがとうございます。ついでにfacebookのいいねや、twitterでシェアいただけると僕は大変喜こびますので、あとひと押し、何卒よろしくお願いいたします。”