お知らせ・ブログ

驚愕!食器洗いの常識が変わるかも?

2016/08/12

熊本の暑い夜にはここでしょ。

昨夜は久しぶりに街へ繰り出してきました。まずは、酒と料理とサービスのいい熊本のお店「安坐(あぐら)」さんで食事。いつもと変わらぬ安定感で、ゆっくりと呑めました。

image
※昨日の様子は写真撮ってなかったので、公式サイトより写真を拝借しています。

十分お腹も満たして、それでも話足らずにお酒だけをゆっくり呑もうということで、次はお茶目なマスターが切り盛りしているBar Calme(バーカルム)へ。お茶目なマスターとは20年ぶりくらいの再会です。facebookでつながり、アポなしで突撃してきました。地図を頼りにお店に到着、待ち受けていたのはこちらの張り紙。

13903411_1237567662928584_8487613922613459942_n
気温35度の街の中を歩き続けてやっとたどり着いたらこの張り紙。看板すら見えませんでした。お店の中はお客さんでいっぱい、なんとか3人座れましたが人の熱気と、ビルから放熱される輻射熱で、クーラーの故障を最大MAXで味わえました。話も大いに盛り上がり、室温上昇に一役買ったでしょう(爆)。

食器洗い意外と好きです。

さて、今回のお題です。みなさん、食器洗いにどんなスポンジ使ってますか?「そんなん、気にしてないよ!」と言ってるあなた、無駄に水と洗剤使ってるかもしれませんよ。

今回の熊本地震では、避難先にした事務所でも変わらず炊事をやってました。当然その間食器洗いもやったわけですが、その食器洗いの最中に驚くべき事実を発見。←僕だけかな?いつものように鼻歌歌いながら食器を洗っていると、ふと疑問に思うことが。それは、スポンジの黄色い柔らかい方と、緑のザラザラした面との使い分け。

IMG_6291
みなさんどうされてますか?多分、ザラザラ面で頑固な汚れを落とし、柔らかい方で傷つきやすいコップなんかを洗われてるんじゃないでしょうか。その使い方本当にあってるのでしょうか?これが僕の疑問でした、わざわざ面を変えて作ってあるこのスポンジ、開発者には確固たるその目的があったはずです。それが、世の中では「なんとなく」で済まされているのでは?

やってみることで身になる、知識になる。

いろいろやってみました。食器全部を緑の面で洗ってみたり、食器全部を黄色い面で洗ってみたり。汚れによって使い分けてみたり。それで出た結果はこうでした。

IMG_6292
基本的に黄色いスポンジの方が綺麗に汚れを落とす!

意外でしたが、黄色い面の方が汚れをしっかり落としてくれます。落とすというより、からめとってくれているような感じです。それに対して緑の面は汚れを広げてしまっているような。緑の面は明らかに、こびりつきや焦げなどを落とすための研磨作用を重視しているようです。しっかりとそんな違いが見えてきました。そして更に驚くべきことが。

食器洗いに洗剤は必要ない!

そうなんです、このスポンジの使い分けと特性をしっかり利用すると、洗剤が必要ないんです。エェ〜って感じですが本当です。そのことを知ってから、僕は今でも食器用洗剤を使っていません。やってみたことない方多いと思うので、騙されたと思って一度チャレンジしてみてください。驚きの事実を体験できます。手荒れや環境問題を気にしなくていい、食器洗い洗浄機なんて必要ない、そんな食器洗いができるんです。

ただ、ちょっとだけ下処理が必要です。

下処理と言っても何も特別なものが必要なわけではありません。その下処理とは、「いきなりスポンジでゴシゴシではなく」

・シャワー水栓で水流に勢いをつけ大雑把な汚れを流し落とす。

・水でもいいけど、できればお湯を使う。

・食事の後なるべく早めに下処理をする。

・決して食べたままの食器をつけ置きしない。

この4つです。どれも食器洗いの基本のようなことですが、これらを守れば食器洗い用洗剤は必要ありません。意外なのは、最後に挙げた食器のつけ置き。この行為は汚れを柔らかくしたり、落としやすくしたりと一見良さそうですが、汚れを他の食器へ移してしまい、洗い物を増やしてしまう結果になります。

「いやいや、プラスチックの保存容器・弁当箱とかについた油汚れはダメでしょう。」というそこの奥さま。それも大丈夫です、強力な油汚れの CMで有名なあの強力洗剤。手荒れがねぇーって方も多かったと思います。このプラスチック容器についても実験してみました。まずはシャワー水流で大まかな汚れを洗い流し、次に流しながら黄色いスポンジ面で丁寧に隅々まで洗ってみます。

CMでキュッキュっていってますが、洗剤なしでもこんな音が聞けました。要は、黄色い目の細かいスポンジの穴に、油汚れがしっかり吸着されているのでしょう。そういえば、ちょっと前に毛糸のスポンジって流行りましたよね。きっとあの毛糸のっていうのも、同じ理屈だったんだろうと思います。

IMG_6293
いかがですか?意外でしょう。洗剤なしできれいに洗えるなんて。我が家ではこのことに気づいてから、食器用洗剤の使用量が激減しました。使った方が効率が良い場合は洗剤も使っていますが、この理屈がわかれば洗剤の使用量はぐっと減らせます。家族6人だと、食器洗いの量もそれなりに多いです。子供たち(特に娘たちに)に、こんな普段の何気ないことも伝えていけたらと思います。

まだまだ、疑ってる奥さま。一度騙されてみてください。ちなみに、このスポンジメーカーの紹介動画がありましたので、こちらにはりつけておきます。残念ながら、僕が求めるようなマニアックな説明はありませんでした(汗)。



 

 

 

日よけ設置で暑い夏を快適に。かっこよく日よけを張ろう!

2016/08/9

暑い暑いって毎年いってるけど・・・

いよいよ8月ですね。それにしても今年は例年になく暑いように感じますが、皆さんはいかがですか?僕だけなのかと気になったので、ちょっと調べてみました。

気温の違い
これは気象庁が提供している過去の気象データを切り取ったものです。簡単にということで、去年2015年7月と今年2016年7月の気温部分だけ比べてみました。去年も暑い暑いと言っていたようでしたが、やっぱり今年の方が暑いようです。赤丸が比べてみて暑かった日です。今年の方がはるかに赤丸が多い、僕だけがボケていたわけではないようです。

さて、そんな暑い日が続いて一月以上。自宅の西側の部屋(子供部屋)が例年以上に暑い、西日対策をせねばと毎年思っていたのですが、今年やっと手をつけることができました。せっかくやるなら、備忘録をということで作業の流れを書いてみます。対策の内容は以下の通り。

”西日が西側の窓及び外壁に直接当たらないように、日よけをかっこよく取り付ける”

まずは、準備物です。工具がないとなかなか手を出しづらいところですが、家のメンテナンスを考えれば自前のものを準備しておいてもいいでしょう。特にインパクトドライバーはあればものすごく便利です。

IMG_6204
左から、金槌・ハサミ・鉛筆・コンクリートドリル・ドリルチャック・ペンチ・ビニールテープ・メジャーそしてインパクトドライバー。それぞれの使い方は流れの中で解説します。

今回日よけに使った材料です。

IMG_6203
木綿のヒモ・ヒートン・コンクリートアンカープラグ・日よけ。遮光性の違い、丈夫さなどで価格の違いがあるようです。数シーズン使うつもりでちょっといいものの方を選びました。シーズン中に破れたりすると結局無駄になるので、いいものをより長く使うことを選択。

取り付け作業開始。

準備ができたところで、いよいよ作業開始です。まずは、取り付け位置の確認です。

IMG_6181
ここが西側面です。お隣さんも平屋で、間隔も広いので西日は差し放題です。二段構えの窓が子供部屋の窓で、手前の小窓は玄関の窓。玄関は今回はいいかということで、子供部屋の窓と外壁をスッポリ囲うことにしました。長さが4mになります。使う日よけは、2m×2mを2枚使いです。

日よけを掛けるためにヒートンを取り付けます。取り付けイメージはこんな感じ。

IMG_6182
このヒートン、ご存知の通り手でグリグリと回すと、ネジが木部にめり込んでいきます。が、手で回し続けるのは辛い。労力を少なくするためと、綺麗に仕上げるために、ヒートンを打つ位置を、日よけにあいてる穴に合わせてマーキングします。ヒートンの下に見える鉛筆の印がそのマークです。

IMG_6183
マークしたところをインパクトドライバーに木用のキリをセットし、下穴を開けます。ヒートンのサイズにあった下穴にしましょう。すごく楽にヒートンを綺麗に楽に締め付けることができます。綺麗にというとこ大事です。

IMG_6185
下穴にヒートンをグリグリと。

IMG_6186
日よけにある穴の数だけヒートンをグリグリと。取り付け完了です。

IMG_6187
取り付けたヒートンに、日よけを吊っていきます。ヒモも劣化しにくいものを選んでみました。こちらのヒモは日よけにセットで付いていたものです。

IMG_6189
2枚を並べて吊っています。2m幅の日よけを2枚で4mの幅を確保し高さが2mになっています。

次は、日よけを下から引っ張るために、ブロック塀にもヒートンを取り付けます。そのままでは取り付けできないので、コンクリートアンカープラグを使います。アンカーを打ち込んだ状態はこんな感じです。

IMG_6198
コンクリートブロックに、プラグ打ち込みのための下穴を開けていきます。

IMG_6192
インパクトドライバーにコンクリート用のドリルをセットし、思いっきりグリリリィーっといきます。アンカープラグにあった下穴サイズで所定の深さまで掘り進みます。ドリルに白いビニールテープを貼っていますが、そこまで掘り進むとアンカーにちょうどよい深さになります。

IMG_6190
空いた穴にプラグを差し込み・・・

IMG_6196
金槌でトントントン。下穴の中にコンクリートクズが残っていると入りにくくなるので、フーフーって埃を吹き飛ばしておいてください。

IMG_6198
打ち込み完了。なんかこの状態いつ見ても好きなんですよね。かわいいというか、なんというか。ホームセンターに行くとこのアンカープラグは売ってありますが、サイズごとに色が違います。このオレンジ系は径が5mmの物で、黄色だと6mmになってます。その彩りもかわいいんで、ついつい買いすぎてしまいます。

IMG_6199
んで、ヒートンをグリグリとねじ込みまして、

IMG_6200
日よけの穴に通したロープをヒートンに回します。

IMG_6201
ロープをすべてに通し、それぞれにちょうどよいテンションをかけてやると、こんな風にサマになります。街でよく見かけるヨレヨレに張ってある日よけを目にしますが、せっかくやるなら見た目も美しくやりたいですよね。コツはいかに効率良くテンションかけられるかです。それを考えながら、ヒートンの取り付け位置を決めていきましょう。

IMG_6202
窓だけじゃ威力を発揮できない!

裏からも気持ち良くできました。見た目はテンションで調整したが、日よけの効率のよい使い方は、その幅の見極めです。今回、幅方向は子ども部屋の壁を全部覆う4mにしました。これも良く見る光景ですが、窓の部分だけしか日よけしていないお宅が多いです。窓から直接日が差し込むから、そこをカバーするというのも確かにわかりますが、西日といいながらその日差しだけでなく、本来は熱を遮りたいのです。

「直射日光だけを室内に入れない」のであれば窓の範囲だけでいいわけですが、熱となれば壁も範囲に考えるべきなんです。西日の熱で暖められた外壁の熱は、温度の低い室内へじわりじわりと熱移動してきます。これが、日が落ちた後でも部屋の中が暑くなる熱の流れなのです。それを和らげるためには、壁へあたる西日もカットすることなのです。

性能だけでなく、かっこよさも重要なんです。

今回の日よけ設置で、無断熱の自宅西側壁の表面温度は2度ほど下がりました。数値的にはその程度でしたが、体感的にはずいぶん違うようです。夜の熱気ムンムンがだいぶ和らぎました。視線を程よく遮りながら、気持ちのいい日は窓全開フルオープンもできます。見た目にもすっきりとかっこよくまとまったのではないでしょうか。築40数年の古い平屋ですが、手を入れるとそこそこいい雰囲気を出してくれます。

最近は、サイズも素材も色々あるようです。エアコンの温度を下げるだけに頼るのでなく、こんな日よけをつけてみると、エアコンの設定温度を上げることも可能です。家計にも優しい日よけの設置、ぜひチャレンジしてみてください。