御代志の家_犬と共に住まうRCの家

広い敷地に、大きな家。普段の仕事とはちょっと違う迫力の住宅計画開始です。

2016/06/29

時折雷も遠くで聞こえ、静かな雨音が開けた窓から聞こえてきます。梅雨らしい雨もようです。

P1010911
先日に続き、現在設計中の住宅の紹介です。こちらは、久しぶりの鉄筋コンクリート造住宅。地震の後にRC造へとなったわけでなく、依頼頂いた時からの強いご要望でした。広い敷地に広い建物、土地探しから始まった計画でしたが、なかなか希望に見合う広い土地が見つからなく、先に進めずにいました。

通常、土地が決まってその土地に感じるものを見出し、家の計画に移るのですが、この住宅は特殊です。施主のイメージする暮らしのスタイルを優先し、なんと建物を先に計画しました。それで出てきたアイデアをプレゼンテーション、気に入ってもらって「この住宅にあう土地を探す」と言っていただくというなんとも豪快な計画です。

P1010910
外部との繋がりを絶ちつつ、光や風そして気配は感じられる、そんなレイアウトです。特徴は外部すべて打放しコンクリート仕上げであること。家の温熱環境計画の上では、外側に断熱層を持ってきたいところですが、打放しが絶対条件。どう環境をコントロールしていくか、詳細な検討が必要です。ちなみに、この模型は土地が未確定の段階で作ったものです。手前を南側としていて、東西に長い長方形のプランです。つまり、東西方向に広くないとこの建物が入らないというちょっとドキドキな計画だったのです。

P1010909
土地が決まったので、外回りの計画も模型に落とし込んでみました。広い敷地なので、表(道路)とどう繋げるか、所有自動車の侵入経路をどうするか、来客のためのアプローチは?など、広い敷地(道路から建物までの距離が長い)特有のアイデアが必要です。広い土地なので、外構にかかる費用もどうしても大きくなります。全体計画の中で、どう予算配分するかも工夫が必要でしょう。

普段は、小さくコンパクトにという設計が多いわけですが、小さくまとめられるからこそ、大きな計画にもその経験がいかせそうです。広い空間に、小さな『場』をちりばめ、ただただ広いだけの殺風景な住まいにならないよう、計画していきます。楽しみな計画が二つ進んでいます、乞うご期待!